世界:英語が得意な国はどこ?

スクリーンショット(2011-05-29 18.11.04)

今週のエコノミスト誌に「英会話」について興味深い記事がありました。どの国の国民が英語を上手く話すことができて、どの国の国民がそうでないかについて面白い事実と人口統計があります。 どの国にいる学生でも英語をわかりやすく学習できる機会が必要で、同時に理解しやすいアウトプットを使って練習できるようになる必要があると私たちは考えています。 The Economist の記事に目を通してみて下さい。 英語学習についての興味深い情報があります。 裕福な国々は全体的に英語が得意です。しかしそれほど裕福ではない国でも国民は英語が得意なようです。その国の母国語話者が多ければ多いほど、その国の国民は英語が苦手になる傾向があります。 輸出依存度は英語とまた別の相関関係があります。(何が理由かはわかってはいませんが)、輸出が多い国は英語が他の国より得意であるようです。 教育も大事な役割を担っています。良いアイデアと思われるかもしれませんが、若いうちから英語を学び始めても、それが報われない場合もあります。8歳から12歳の子供は外国語を他の年代の若者よりも早く習得します。なので、6歳の子供より、10歳の子供に時間をかけて英語を教える方がより効果的なのです。 最後に、ある驚くべき結果は、インドは多くの国民が英語を話す国として知られているにも関わらず、中国とインドはランキングで隣接しているということです。(44国中 29位と30位) 情報を整理してじっくり考える必要がありますね。記事の全文はここで読む事ができます。 — [原文] – The world: Who speaks English?

The World: Who Speaks English?

the-economist-logo

This week’s Economist had an interesting article about “Speaking English”. Lots of interesting facts and demographics about which countries speak English well and which don’t. Our feeling is that students in whatever country need the opportunity to get comprehensible input and at the same time practice comprehensible output. The output / input idea – at […]

Follow

Get every new post delivered to your Inbox.

Join 2,544 other followers